角印の効力

印鑑にも、さまざまな種類のものが存在します。一般的には丸い形をしたものが馴染みがありますが、四角い形をした印鑑も出回っています。このようなタイプの印鑑のことを「角印」と呼ぶのですが、一般的な丸い印鑑にはない効力があるのです。

契約書や領収書に角印が押されているのを見かけますが、なぜ丸印ではなく角印が使われているのでしょうか。それは、角印にはそれなりの効力があるからです。民法に照らし合わせて考えてみても、角印の効力は、いわゆる代表者印と肩を並べます。役割としても、いわゆる認印として認められます。個人ではなく法人としての契約になれば、角印は必須と言っても過言ではありません。見かけからしても、角印はどこか重要な印鑑という印象を持つことでしょう。まさに会社の代表であり顔でもある角印だからこそ、決して軽視をすることのないように、気をつけるようにしたいものです。

何かしらの書類を交わす以上、印鑑を抜きに行うことはできません。正式に押印していなかったがために、あとになって不要なトラブルを起こすのは、決して賢明ではないのです。それならば、最初の段階から角印を作っておく方が賢明と言えるでしょう。このプロセスを減ることで、厄介な問題を未然に防げるのです。